— 生まれと育ちを教えてください。
鹿児島市生まれ、鹿児島市育ちです。幼稚園のときから空手をしていたので高校時代も部活を頑張っていました。そこから普通に受験をして、東京の大学に進学しました。寮で一人暮らしをしていました。
— 東京での暮らしはどうでしたか?
人混みが苦手で、どこに行くのも人が多くて鹿児島の人の温かさをいつも懐かしく思っていました。就活の時期が来たんですけど、正直あまり働きたくなくて(笑)、事務職でそのまま東京で3年くらい働いていました。それで鹿児島に戻ってきました。
— 鹿児島に戻って来たきっかけは何だったんですか?
精神的にしんどくなってきたので、少し休養をしようと。鹿児島に帰ってきて3.11が起きて、それまでは休んで戻ろうかなと思ってたけど、生まれ故郷にいようと思うようになって東京の会社を辞めて鹿児島にいることにしました。
— ヨガとの出会いを教えてください。
菅野美穂さんが大好きで、雑誌の表紙だったら必ず買うっていうくらい好きなんですけど、その菅野さんがヨガをしてるので、ヨガはいいに違いないと思っていました(笑)。

鹿児島のスタジオでヨガを受けるようになったんですけど、身体が硬くて最初は大変でそこまで熱心に練習していませんでした。でも鹿児島での日々を過ごしているうちに、自分の身体の不調を感じ始めて、整形外科に行っても何も異常はないと言われるのに、手の痺れとか腰が痛くて起き上がれなかったりとかするようになりました。

病院でも何ともないと言われるから、自分で何とかしなきゃと思って、もっとヨガを深く学ぼうと思ってTTC(インストラクター養成コース)に申し込みました。
— 指導者養成講座はどうでしたか?
ヨガは終わりがないから、TTC終えたけど、それがスタートで、今からそれを探求して行くんだろうなって感じました。

身体の面では、手の痺れや腰の痛みは今はなくなりました。もちろん、まだどことなく不調を感じることはあるけど、焦ったりせずに、そういう状況を受け入れられるようになりました。
— Shanti-Peaceの生徒さんにメッセージをお願いします
私の中でインストラクターをしている中で伝えたいことのひとつに、「ヨガって身体が柔らかい人だけのものじゃなくて、みんなのものだよ」ということがあります。身体が硬いとか、不調があるとか、どんな状況の人でも全ての人にとって自分を発見していけるツールだと思っているから、そういうのを私なりに伝えていけたらなと思っています。
※インタビュアー:HIROKI