ー ヨガとの出会いは何がきっかけだったんですか?
不純な動機なんですけど、いいですか?ダイエットしたかったんです。
ー いいですね(笑)。
ほんとすみません、そんな動機で。でも飽きっぽい性格なんですけど、ヨガだけは続いたんです。1回目受けたときに、もうトリコになってしまって。ゆっく りしたヨガだったんですけどね、それが大体8~9年前でしょうか。まだあまり世間にヨガが広まってないころだったと思います。
ー ダイエットの方はそれでどうでした?
そっちはあまり結果が出ませんでした(笑)。あ、だけど、どんなに食べてもどんなに食べなくても体重が変わらなくなりましたね、ヨガを始めてから。安定してきたというか。
ー その後ヨガの指導者になるための講座を受けたと伺いました。
そうですね。たまたまテレビを見ていたときに、講師の先生が出ていらっしゃって、「こんなにすごい先生が鹿児島にいたんだ!」と感動して。これは!と思って、問合せをして、次の日にはその先生のアシュタンガヨガを受けました。

 その先生のレッスンがすごく良かったんです。惹きつけられるというか、あとあの声。スーッと心に入ってくるような声だし、そして何より人柄が素晴らしくて。
ー 指導者養成講座を受けた後、他にはヨガの先生としてはどんなプログラムを受けて来られたんですか?
福岡のほうで「ハタヨガ」というコースを受けてきました。Shanti-Peaceで行うヨガはそこで学んだ内容もベースになっています。
ー ヨガの先生になるためのプログラムを受けて、何か変化や気づきはありましたか?
うーん、なんでしょうね。私、もともと人前に立つのがすっごく苦手だったんです。人と接することも苦手だったんですけど、だいぶ変わりましたね。生徒さんに対してもフレンドリーに接することができるようになったというか。
ー 最後にShanti-Peaceの生徒さんに何かメッセージはありますか?
いやーん、そういうの苦手です(笑)。すみません、思い浮かびません、気の利いた言葉(笑)。
ー じゃあ、生徒さんがどんな風になって帰って行ったら嬉しいですか?
なんでしょうね。やっぱり、どんな状態でいらしても、生徒さんが最後笑顔になって帰っていただけるのが嬉しいですね。そういう指導をしていきたいなって思っています。
※インタビュアー:HIROKI